好きよりも愛してるがいい

夫とは長く付き合った末に結婚したんですが、
結婚する少し前まで「愛してる」と言えませんでした。

「好き」は言えるんですけどね、愛してるは言えなかったんです。
夫は私に言ってくれていましたが。
好きよりも愛してるの方が何だか重いじゃないですか。
厚みが違うというか。

好きって言葉は食べ物にも漫画にも何にでも使えるんですけど、
愛してるはふざけて使うとき以外は命あるものに使うじゃないですか。


もちろん、夫を愛してなわけではないです。
愛してたけど言えなかったというか、重みがあるだけ、愛という言葉を使うだけ言いにくかったというか。

でも抑えきれなくなって愛してるって言っちゃうんですよね。
だってそこには確かに愛がありますからね。